スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンコ ブログ リンク集
  • たくさんのフレンチブルドッグに会えます♪
  • イングリッシュブルドッグとチワワも可愛いよ♪
  • posted by:みぃ
  • --.--.-- --

ぶぅさん、爪が折れるの巻

ぶぅ太 - フレンチブルドッグ

ミカの手術にかまけて、ずっと「切ってあげなくちゃなぁ」と思いながら伸びたままだったぶぅさんの爪。
折れました・・・。

27日の夜、ソファに上がろうとした瞬間、突然崩れ落ちるようにへたりこんだぶぅさん。
右足を引きずっているので、関節やったか?!と思ったのですが、どうやら関節ではなさそう。
よく見てみると、親指の爪がとんでもないことになっていました。
2014103008.jpg

プラプラなのかと思って、そっと触らせてもらったのですが、全然プラプラしていません。
そしてものすごく痛いようです。
自分で切れる??と思ってよく観察してみたのですが、どうやっても無理だ・・・。
切るなら、かなり血管を切らないとダメでした。
クイックストップはあるし、ギロチン爪切りもあるけれど、勇気がなかった・・・。

とりあえずかかりつけの獣医さんに電話してみると、やはり相当痛いらしい。
そして、切る時もかなーーーーり痛いらしい。
不運なことに、すでに時間外だったうえ、この日は院長先生が夜中まで往診とのこと。
切るとしたら、院長が保定して、ほかの先生がバッツリ切ることになるので、明日来てくださいと言われました。
血は出ていないし、どこかに当たらない限り痛くないようなので、寝るのも一緒にお布団で寝ました。

翌日覚悟して病院へ。
待合がかなり混んでいたので、駐車場で待つこと約1時間。
診察室に入るまでにどこかにぶつけては大変なので、車から診察台まで抱っこしていきました。
ぶぅさん、すでにブルブル震えています。
診察台に乗った瞬間から、怒りモード全開。
切ってくれる先生は、新しく来た先生だったので「油断すると噛まれるので、注意してください。」と伝えました(笑)

まずは、私がリードの根元をもちつつ顔から肩を両手で挟み込み、すかさず院長が後ろから保定します。
この時点で、ぶぅさんの目はかなり充血して零れ落ちそうになってました。
なだめてなだめて、唸り声は小さく済んでいますが、ものすごい怒りと恐怖で見ているのが辛いくらい。

パチン!!の音と同時に、ぶぅさんが今まで聞いたことのないような声で鳴きました。
大きな声とか悲痛な声とか、そういう感じではないんです・・・。
なんだろう、ギャオゥゥゥンという感じで、ちょっとゴロゴロしたような声。
こんな声、二度と聞きたくないと思うような声。

こうなったら、ぶぅさんの怒りと恐怖の火は消えません。
暴れる暴れる、唸る唸る。
そして、母ちゃんなだめるなだめる・・・。

かなり出血したので、止血は2分くらいかかったのですが、長かった・・・。
そして、前回の血液検査の時にできなかった肛門腺も絞ってもらいました。
ここでもう、ぶぅさんは限界に達したようで、それはそれはすごい唸り声と鳴き声でした。
この時の鳴き声はいつもの病院鳴きのひどいパターン。

あまりのひどさに、先生、スタッフみなさん、患者さん全員に苦笑されるほど( ̄▽ ̄;
他のワンコさんやニャンコさんは、相当怖くなっちゃったと思います。
ゴメンよーーー。

さて、これが切った爪。
解り辛いですが、かなり血管切ってます。
2014103009.jpg

切った後の爪。
2014103010.jpg

「舐めないようにカラー・・・無理だよね(苦笑)」と言われ、抗生剤を3日間処方していただきました。

母ちゃんがちゃんと切ってあげてれば、こんなことにはならなかったと思います。
全部母ちゃんが悪い。
ごめんね、ぶぅちゃん。痛かったね。怖かったね。
もう、こんなことがないように、気を付けるからね。

今週は病院漬けだわぁ。
スポンサーサイト
ぶぅ太 - フレンチブルドッグ
ワンコ ブログ リンク集
  • たくさんのフレンチブルドッグに会えます♪
  • イングリッシュブルドッグとチワワも可愛いよ♪

術後3日目~6日目

ミカエル - イングリッシュブルドッグ

ミカエル、元気に回復しております(^^)

術後翌日からデッキに出たりお庭に出たりはしていますが、3日目は行きたいとうるさいので、お散歩にも行きました。
といっても、3日目は10mだけ(笑)

早くお散歩行きたいよー。
2014103001.jpg

だめだめよー。
もう少しゆっくり養生していてくださいねー。
気持ちよさそうにお昼寝中♪
2014103002.jpg

ぶぅさん、ミカの何かが変わったのが解るのでしょうか?
ものすごく舐めます(笑)
特に、顔とおちんちんと足。
なぜかタマタマの傷口には、一切興味がないようです。
ミカはちょっと迷惑そう(^^;
2014103003.jpg

術後2日目~4日目は、チーズアイスがご飯だったミカ。
5日目は蒸かしたサツマイモ1本、お豆腐(大き目の木綿)、バナナ2本をミキサーで混ぜたものを食べました。
写真撮るの忘れてしまったのですが、量はチーズアイスより少し多め。
これまた美味しかったのか、ただ単におなかがすいていたのか、もりもり食べてくれました。
6日目の今日からふやかしフードを食べています。

ゲフゲフいいながら必死に食べているミカの動画。


ミカちゃん、お外がかなり好きになったようです。
あんなに門扉を出るのに勇気がいったのに、今ではピョンと出ていきます。
術後3日目は10mくらいしか行きませんでしたが、4日目は1ブロック歩きました。
5日目は充電だけで終了(笑)
2014103004.jpg

6日目の今日は、やる気満々でした。
なぜこんな時にやる気満々なんだよ・・・と思いながら、なだめすかして途中で帰ってくるくらい歩きたそうにしていたミカ。
いつもそのくらい歩いてくれたらいいのにねぇ。
2014103005.jpg

母ちゃんがゆっくりしていられる日は、デッキでぬくぬくがお気に入りのお二人さんです。
2014103006.jpg

タマタマ、少ししぼんできましたね。
とはいっても、毎日見ていない人には解らないくらいですが(^^;
2014103007.jpg

そして!!
本日、やっと普通?くらいに鳴けました!!
術後4日目に、か細く鳴いたのですが、これがもう、笑っちゃうくらいヘタレたしゃがれ声で、しばらくは普通に鳴けないのかなぁと思っていたのに、すごい回復力。
母ちゃんもビックリです。

回復が早いのは良いのだけれど、ぶぅさんと取っ組み合いのお遊びを始めてしまうので、常に見張っていないといけません。
目が届かないときは、かならずハウスに入ってもらっています。
そのせいか、二人ともかなり欲求不満なようで・・・。

良くなったらまた遊べるから、もうしばらく二人とも我慢の日々よ~。
ミカエル - イングリッシュブルドッグ
ワンコ ブログ リンク集
  • たくさんのフレンチブルドッグに会えます♪
  • イングリッシュブルドッグとチワワも可愛いよ♪

軟口蓋過長症の手術当日と翌日

ミカエル - イングリッシュブルドッグ

ずっと気になっていたミカエルの軟口蓋。
2件のお医者さんに診せましたが、どちらも「切らないとダメだね。」というお見立てでした。
最初は梅雨の間にオペしてしまおうかと思ったのですが、症状を見た先生からダメ出しをくらい、やっと昨日(10月25日)に手術してきました。

ミカエルは暑さによるパンディングで熱中症になることはなかったのですが、パニックによるパンディングで熱中症になります。
3回ほどチアノーゼを起こして死にそうになったのですが、毎回お医者さんから帰るときになるので、処置が遅れることがなかったのが幸いです。
かかりつけの獣医さんは症状から気管虚脱も疑っていましたが、今の状態で気管虚脱の検査は無理なので、とりあえず軟口蓋だけでもどうにかしようと、手術に踏み切りました。
しかし、ブルの手術に慣れた院長が「状態があまりよくないので、万が一に備えて術中待っていてください。もしかしたら挿管ができるかどうかも怪しいので・・・。」と、かなりナーバスになっていました。
いつも、私が終わるまで待っているというと、「術後にお迎えに来て。」と言う院長がそんなこと言うなんて・・・。
手術が決まってから、毎日毎日お祈りしました。

どうせ麻酔をかけるならと、去勢も一緒にお願いしました。
タマタマ可愛いので、出来れば取らずにいたかったのですが、ミカの性質や性格を考えると、去勢したほうがこの先楽に生きていけると思ったからです。
チビ達には、出来るだけ楽に幸せに楽しく暮らしてほしい。これが私の願いだから。

というわけで、前日の夜10時から飲食禁止タイムに入り、朝のお散歩はオシッコだけさせました。
ミカエル、事情を察しているのか、顔が真剣です。(これは前日の朝ん歩で撮った写真)


可愛いタマタマも見納め。(これも前日の朝ん歩で撮った写真)
2014102602.jpg

兄ちゃんも真剣な顔でミカエルを思う。(ここから当日に撮った写真)
2014102603.jpg

いざ出陣!
この日は、いつもよりかなり落ち着いて車に乗っていられました。
でかしたミカエル。えらいぞミカエル。
2014102604.jpg

オペはお昼過ぎからなので、11時~12時の間に連れて行き、13時過ぎからオペが始まりました。
まずは仰向けになって去勢手術を行い、次にうつぶせの状態で口を開けて軟口蓋の手術です。
全部で1時間くらいだったかな。
手術は無事に終わりました。
あんなにナーバスになっていた院長先生、始まったら何のことはない、あっという間に終わらせてくれました。
先生!!ありがとう!!!!
術後、麻酔が冷めるまでずっと立ち会っていたのですが、終わってから30分くらいでミカの意識は回復。
その後、意識が完全に戻って安定したら、そのまま連れて帰る予定だったのですが、院長も心配だったようで、「やっぱり夜に迎えに来て。」と言われ、ミカを預けていったん帰宅しました。

術後3日はアイスクリームご飯(レシピは後ほど紹介)しか食べられません。
とりあえず材料を買って、ぶぅさんのお散歩をして、ミカのハウスを掃除して、7時ジャストにウキウキしながらお迎えに行きました。

ところが・・・なんという事でしょう・・・。
院長が気を利かしてオシッコ散歩に連れ出したところ、パニックを起こしてパンディング。
熱中症一歩手前の状態に陥っていました(涙)
一時はチアノーゼを起こすくらいだったのですが、酸素をかがせてチアノーゼからは復活。
術後すぐなので水風呂にも入れられず、冷房とステロイドでどうにか回復してもらおうと、クーラーがんがんの犬舎に入れて様子を見ました。
30分経っても落ち着かないミカ。
術後間もないので、喉が腫れているせいか、ガーガー音もしていました。
せっかく手術が無事に終わったというのに、このままどうにかなっちゃったらどうしよう・・・。
ものすごく不安でした。
「頑張れミカ!!母ちゃんのところに戻っておいで!!!」心の中で何度も何度もミカを呼び続けました。
1時間・・・1時間半・・・やっとやっと呼吸音が落ち着いてきました。

お迎えに行ってから2時間、なんとか家に連れて帰れる状態まで戻ってきたミカ。
院長からも「今だ!!急いで帰ろう!!」と言われ、バタバタと、しかし静かにミカエルを車へ。
急ぎつつも車が揺れないように細心の注意を払いながら、我が家へと急ぎました。
とても疲れたのでしょう。ミカは途中まで寝ていました。
私の左手に顎をがっつり載せて・・・(苦笑)
ハンドルを回せない左手。宙に浮いている左手。どっしり重いミカの頭・・・。
この時ほど筋肉女子で良かった・・・と思ったことはなったかも(笑)
2014102605.jpg

家に着く直前、ミカがソワソワしだして、呼吸が少し荒くなり始めましたが、ハァハァしだす前に無事到着。
そっとハウスに連れていくと、安心したのか呼吸も落ち着きました。
2014102606.jpg

それからしばらく、ミカの感触を確かめて・・・。
ミカも股の間で少し甘えん坊モード。
ぶぅさんも心配そうに見ていました。
2014102607.jpg

10時を過ぎたら少しずつお水を飲んでもいいと言わてたので、お水を用意したら、ちょっとだけ飲みました。
そのあとはミカが眠ってしまうまで、私もぶぅさんもミカのそばにいました。
おやすみミカ、頑張ったねミカ、ゆっくり寝るんだよ・・・。


術後2日目。
待ちに待ったご飯です!!
3日間はアイスクリームご飯なのですが、これ、マジで本当に美味しいです(笑)
用意するものはスーパーカップ1個とカッテージチーズをカレースプーンに山盛り2杯。
お皿に入れて混ぜ混ぜしたら出来上がりー。
チーズはカッテージチーズじゃないとダメです。カッテージチーズは喉に良いらしい。
2014102608.jpg

2014102609.jpg

ミカエルの素敵な食べっぷりをどうぞ。


ミカエルは、術後2日目とは思えないくらいの落ち着きっぷりです。
少しですが、お庭やデッキにも出ました。
兄ちゃんとドタバタ遊ぶわけにはいかないので、1週間はハウス生活です。
食事は術後3日目までアイスご飯。そのあとは1週間目まで流動食です。
院長からは、しばらくガハガハするかもしれないと言われていたのですが、家についてからはおかしな呼吸をすることもなく、いたって普通にしています。
ハウスから出ると少し興奮するので、2回ほど一口ゲボを吐きましたが、それ以外はいたって普通。
出してアピールはしますが、騒ぐこともなくひたすら寝ています。
今は、治すことが仕事なので、それで良いのです。
2014102612.jpg

2014102613.jpg

兄ちゃんも頑張ってます。
傷口を舐めたら大変なので、母ちゃんのガードがありますが、ミカがオシッコしたあとに舐めてやったり、顔をなめてやったり。
幸いなことに、ミカ自身がタマタマを気にして舐めたりすることもありません。
2014102614.jpg

2014102615.jpg

大きくなってからの去勢なので、タマタマの皮は、ぶぅさんほど縮まないそうです。
どんな風になるのかな?
2014102616.jpg

2014102617.jpg

ミカの写真ばかりだと、ぶぅさんに怒られそうなので・・・(笑)
2014102618.jpg

2014102619.jpg

ミカエル、本当に頑張りました。
無事に帰ってきてくれてありがとう!

院長先生はもとより、お守りを送ってくれたり、電話やSNSで励ましの言葉を送ってくれた犬友皆さん、ありがとう!!
手術当日、一緒に付き添いに来てくれた姉にもありがとう!!

ミカエル、無事にご帰還です♪
2014102620.jpg
ミカエル - イングリッシュブルドッグ
ワンコ ブログ リンク集
  • たくさんのフレンチブルドッグに会えます♪
  • イングリッシュブルドッグとチワワも可愛いよ♪

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。